日本ブリーフサイコセラピー学会

日本ブリーフサイコセラピー学会 第29回 群馬大会
The Japanese Association of Brief Psychotherapy Annual Meeting

演題登録

発表日時
8月23日(金)・ 8月24日(土)

演題発表(口頭発表)の申し込みと留意点

演題発表お申し込みの方

発表時間は「30分枠」「60分枠」を用意しております。演題のご発表をご希望の方は、発表主旨・発表内容に応じていずれかの時間枠を選んでください。

演題登録期限:2019年4月28日(日)
抄録提出期限:2019年5月19日(日)

演題発表申し込みについての諸注意

  1. 主発表者は学会員に限ります。なお未入会の場合には、発表の申込と同時に入会手続きを行ってください。入会手続きについては学会事務局にお問い合わせください。なお連名者は会員である必要はありません。
  2. 演題発表は原則として先着順に採用させていただき、各枠が埋まり次第締め切らせていただきます。
  3. お送りいただいた抄録原稿は、大会事務局が倫理チェック項目と抄録内容について確認させていただきます。抄録の加筆修正や発表の取り消しを求める場合がありますのでご了承ください。

抄録の投稿に際しては倫理規定のチェック項目へのチェックが必要です。倫理規定のチェック項目について事前にお知らせいたします。

倫理規定のチェック項目は、「倫理的配慮について」と、「個人情報保護について」の二つです。

●「倫理的配慮について」のチェック項目

事例発表について対象者もしくは保護者等に説明し同意を得た。
調査・実験について所属施設の倫理審査委員会の承認を受ける等の適切な倫理的配慮を行った。
その他(所属施設に倫理審査委員会が設置されていない、倫理審査委員会の承認が義務ではない場合など)、本学会倫理綱領に準拠して研究を行った。

●「個人情報保護について」のチェック項目

対象者を同定する情報(人名、地名、職業、職場名、学校名、家族の職業など)は、固有名詞は使用せず一般名称にとどめた。
固有名詞を記号化する場合には、実際のイニシャルは使用せず、ABC順などにした。
面接経過等の年月は、開始時を「X年3月」、その後の経過は「X+4年5月」あるいは「6年後」「7か月後」などと記載した。

投稿の際には、以上についてご確認の上、該当する項目にチェックしていただくことが必須となりますので、よろしくお願いいたします。

抄録原稿作成要領

記入方法

  1. 原稿サイズはA4版縦置き原稿1枚です。テキスト形式もしくはMicrosoft Wordで作成したファイルをお送りください。手書きのものは受け付けておりません。なお、Microsoft Wordで作成した場合、拡張子はdocとdocxのどちらでも構いません。
  2. 抄録原稿の冒頭に、「題目」・「発表者」・「所属」をお書きください。所属名が長い場合は次行に亘って構いません。連名発表の場合は主発表者の氏名の前に○を付けてください。
    抄録原稿には、必ず「1.目的」、「2.方法(または事例概要)」、「3.結果(または事例経過)」、「4.考察」の見出しをつけて作成してください。
  3. フォントは全て「MSゴシック」です。また、文字の大きさは「所属」のみ8ポイントとし、それ以外は10ポイントとしてください。
  4. 字数は「題目」と「発表者」を含めて23字×52行以内に収めてください。
  5. 図表は合計面積が図中の破線枠内全体の1/3を超えないようにしてください。なお、図表として写真を掲載することはできません。
  6. 演題発表の際には、原則としてPCとプロジェクターをご使用願います。PCとプロジェクター以外の機材の使用をご希望の場合は、大会事務局までお問い合わせください。

抄録原稿の雛形(Word)


抄録原稿締切 : 2019年5月19日(日)

送付先

日本ブリーフサイコセラピー学会第29回群馬大会事務局
〒379-2221 群馬県伊勢崎市国定町2-2374
群馬県立精神医療センター医局内
メール : gunma2019@jabp.jp

メールの件名を「JABP29」としてください
メール1件につき1演題をお申し込みください。
メール本文にも下記事項を必ずご記入ください。
1. 発表者氏名
2. 発表者所属
3. 住所
4. Eメールアドレス
5. 電話番号
※筆頭演者は発表者としてください。

top▲